自分のためのサードプレイスを楽しもう!

残暑もきびしい9月です。

ブログ更新がすっかりとまっておりました。

 

「インスタグラム」は毎週更新しておりますので

@KAGUPOT ←ぜひチェックしてみてくださいね(^ ^)

 

ーーー

 

さて、今回は「サードプレイス」のお話

あまり聞きなれない人が多いかもしれません。

自分にとって「第3の場所」

 

 

人が過ごす場所は

大きく分けると

3つあります・・・

 

 

 

 

 

❶<ファーストプレイス>

自分の家

___プライベート(責任&義務)

 

 

 

❷<セカンドプレイス>

職場

学校など

____フォーマル(他者との関わりの責任)

 

 

 

❶<サードプレイス>

リフレッシュ

リラックス

憩いの場

____フォーマルとプライベートの中間

(強制されない他者との関わり)

 

 

 

【サードプレイス】とは?

 

人々が家と学校・職場を往復するだけでは

味気ない人生になります。

 

ストレスの多い社会を生き抜くためには

自宅でもない職場でもない

責任感などから解放された

居心地のいい「第3の場所」が必要と

アメリカの社会学者レイ・オルデンバーグが提唱しました。

 

 

 

 

<サードプレイスの8つの定義>

  • 中立性のある場所、誰もが自分らしくいられる
  • 誰にも平等な場所、上下関係もない
  • 会話が楽しめる
  • 足を運びやすく、金銭的負担が軽い
  • 常連のいる場所、新参者にも優しい
  • 目立たず控えめな場所、安心感のある場所
  • 陽気な雰囲気、緊張なくリラックス、機嫌がよくなる場所
  • 家から遠くない、気軽に立ち寄り温かい感情を共有できる

 

 

 

 

この考え方は

海外ではカフェやパブが

飲食目的のみでなく

人々の交流の場として重要な役割を果たしているという

海外においての「コミュニティ的文化」です。

 

 

 

 

 

<サードプレイスの効果>

  • ストレスや不安が軽減
  • 心身の疲労をリセット
  • 自分の存在意義を再確認
  • 孤独を感じにくくなる
  • 新しい価値観やつながりが得られる
  • 文化的に心も豊かになる

 

ーーー

 

さて、日本ではどうでしょうか?

低単価で

気軽に立ち寄れる

陽気な雰囲気の

常連のいるオープンなお店

 

昭和の頃にこんな風景も

見られたようにも感じますが

 

 

時代も変わり

コロナ禍もあり

「人生を豊かにする自分の居場所」の定義も

変化しているかもしれません。

 

 

カフェ、居酒屋

図書館、公園

サウナ、ジム

地域活動、ボランティア

学び、コワーキングスペース

SNS、さまざまなコミュニティ・・・

 

 

SNSなどオンラインでも

多くの人々とコミュニケーションをとれると同時に

 

1人の時間も大切にしたい人も多いです。

 

 

 

「スターバックスカフェ」も

サードプレイスの概念を意識した

店づくりをされているそうですが

 

コミュニティというより

1人の憩いの時間という印象ですね。

 

 

 

人々は365日

いろんな場所で

自分のバランスをとっているのだと思いますが

 

サードプレイス的に

気軽に入れるカフェの存在は

とても大きいと感じました。

 

 

 

 h

 

 

  • 業務家具ブランドの紹介1 Coccole
  • ベトナムの旅とカフェ
  • 「kagupot」インスタグラム二周年
  • ソファに憧れる独り言